未分類

何歳になっても人は外見で判断されるもの

2019年5月9日

見た目で人を判断してはいけないと教わりますが、初恋相手は外見で選び、合コン相手も見合い相手もまずは外見で判断、見た目で人を判断してはいけないと教える割には、組織の多くには頭髪など身だしなみに関する規則があります。

「ダラシの無さが見た目に現れる」 チビ・デブ・ハゲはモテない男の三要素、この中でチビ以外は本人の努力次第で変えることが出来、にもかかわらずデブなのは自分に甘いから、ハゲなのは薄毛の段階で処置を怠ったからです。

デブを改善するには、消費以上にカロリーを摂取しなければ良く、食べたら運動をすれば良いだけのこと、それさえ出来ない者が異性に好かれるはずはありません。

クスリの副作用や大きな精神的ストレスにより突如として髪が抜けてしまうこともありますが、多くのハゲは薄毛期間を経ており、その間に髪を挽回するチャンスはあったのですが、対処を誤ったのかそれとも経済的理由で処置が出来ないとハゲへと移行するのです。

「いい加減に気付け」 髪が薄くなると、決まって人は薄い部分を隠そうとしますが、隠そうとしていることは他人にバレバレ、植物でも日当たりが悪いと成長に悪影響、髪もキャップを被るなどして日当たりが悪くなれば、頭皮は蒸れ薄毛は更に進行します。

薄毛を隠そうと髪型を変える者もいますが、他から無理に髪を持って来るとその髪の負担が増し、薄毛の範囲は更に広がります。

髪が薄くなると頭皮マッサージをしたり、髪に良いとされる食事を心掛けるようになるのですが、この程度のことで薄毛が改善されるなら、街に多くの薄毛は存在しないのです。

薄毛も専門家に掛かれば90%以上の確率で改善が可能、ただし、適時を逃すと手の施しようがないため、自分自身で何とかすると考えるのは止めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です